NOKOTO

私たちが実践している、辛い時を乗り越えるための3つの方法。

古家 良和

苦しいときの状況、原因は人それぞれです。その人の苦しさはその人にしかわかりませんが、「似た感情を持っている人がいる」って、ちょっとだけ救われます。そんなあなたの「ちょっとだけ」になれば幸いです。今回、NOKOTO.の古家、ゆかこ、ゆーじの3人の「苦しい時の出口の見つけ方」を紹介いたします。

自分が今、苦しいと思っている感情、原因を思いのままノートに書くこと

by Yukako

この記事を書こう!と提案したとき、ちょうど自分も「苦しいとき」を乗り越えた直後でした。

頭は使わず、ただ自分の心と会話しながら、底から出てきた思いたちを書き残していく。書いているときは「つらい」「苦しい」がいっぱい湧き出てきて、真っ暗闇の中出口を探しながら泣きながら書くこともあります。でも出し切ったあと、必ず何か気づきがあるんです。

「こんな思いがあったんだ」とか「人のことばかり気にしていたな」とか。

人間って行動や感情を繰り返してしまう生き物で、私もよく同じような悩みで苦しくなります。でもここに気づけたら、次は心と頭にも問いかける。「じゃあ次はどうしたい?どう変えていきたい?」と、自分の理想を自分で聞き出す。すると、少しでも前に進めるんです。「まずやってみよっか、動いてみようか」って。

私は子供の時から、この繰り返し。でもたまーに、書いても書いても見えないときもあります。そんなときはお酒の力を借りてもいいから、とにかくその日はやるべきことをささっと終わらせて寝てしまう。これ以上苦しまないよう、「自分のために」です。

体力的な疲れから来るネガティブの場合もあります。次の日、朝が来て目が覚めて、太陽の光が差し込んできたそのあたたかさ、眩しさに「がんばろう」って思えるかもしれない。そう思いながらそっと目を閉じるのです。

樋口友佳子

目標を持ち、小さな達成を感じること

by Koya

辛い感情やネガティブ思考は自分を擁護したいだけのことであって何かを生み出すものではないと考え始めてからは“心が病む”ことなんてなくなりました。

そういう考えになったのもある心理実験を知ってからです。幸せになった時の自分を想像させた被験者Aと、単純な仕事をクリアさせた被験者Bとでは、後者の方が幸福度を示す脳波が出ていたそうです。考えるという行為は人を幸せにしないんですね。人間という生物は向上心が高く、成長と達成が幸せに大きく影響するようです。

とういうことは、幸せになりたければ「簡単な達成目標をクリアしていって成長すればいいじゃん」になります。

仕事でミスしようが人に嫌われようが、それはそれでいい経験を得れたわけだし、こうすればよかったという反省に気づけたのも成長です。改善策があるならそれは達成目標。つまり達成と成長を得れるチャンスなのです。

何が起きても「一歩前進や」と思える精神論でいける人はいいですけど、そうなれない人はTo Do Listを作ることをオススメします。洗面所を掃除する、本を5ページだけ読む、ティッシュ箱を交換するなど、一瞬で終わるタスクを文字にして、終わったら消していくということをすれば自然に“心の病み”なんて忘れてますよ。

古家良和

とりあえず、あきらめること

by Yuji

むりだ、つらい、かなしい、にげたい、なきたい、やめたい、なにもしたくない… こころの中がそんな感情でいっぱいになる。誰しもがあることなんだけど、こんなときいつもベクトルは自分に向いている。ああダメだ自分はダメだ、もっと頑張らねば、なんでできないんだ、みんなはこんなの乗り越えているんでしょ、でも自分は…と辛くなる。

でもね、あきらめたらいいんですよ、今の自分には耐えられないほどの負荷がかかっているんだから。無理に乗り越えようとしなくていい。辛いことは辛いと認めて、立ち向かうのをやめればいい。

なにをそんなに甘いことを!と言う人がいるかもしれない。でも考えてほしい。今の自分にとって乗り越えるのが不可能であることに対して、何とかして乗り越えよう、何とか頑張ろうとしている姿勢だけで十分すごいと思うんです。ヒトが辛いと思うときって、想像している自分と今いる自分にギャップを感じる時なんです。その距離が近そうで実は遠いことが多い。だからこそ悩むし辛いと感じてしまう。

だからまずは乗り越えることをあきらめて上昇志向の自分を認めてあげること。そして、今の自分に目を向け、地に足つけて一歩ずつ一段ずつ階段を登っていく。そうしたらいつのまにか悩んでたことや辛いと思っていたことが過ぎ去っていて、また新しい課題にぶち当たっていることになる。そうやって少しずつ少しずつ「できる」を増やしていけば自信にもなるし、その歩みを振り返ることで自分が「辛い」と思っていたことが実はなんなく乗り越えられていたりする。そんなときはにたーっと笑って「自分すごい!」と認めてあげてください。そうすれば悩みなんてなくなりますよ!

中山雄治

 

 

いかがでしたか?

私達なりの乗り越える方法が少しでもあなたの心をかるくできれば幸いです。

もしどうしても辛い思いから逃れられないのなら『上を向いて歩こう』でも聴いて元気をもらいましょう!!


古家 良和