NOKOTO

いいね数を増やす簡単Facebookページ運用ノウハウ3種とデザイナーの嘆き?

古家 良和

どうも、Twitter大好き、古家です。

ほぼ毎日なにかしらのツイートをしていますが、ほとんどの知り合いはTwitterをしていないか私をフォローしていないかなので、“自分”の情報を友人にうまく伝えれていないのを課題に感じております。Facebookに投稿する案もありますがなんかちょっと違う感じがしまして。。。

ということで、今年1月にできたこのブログを活用してみようと思います。日常も書きますが、WEBメディアやマーケティングが好きなので今回のようにTwitterで投稿した内容を整理しながら自分の考えを伝えていくことにします。

デザイナーは絵を描くだけじゃないからね

デザイナーを採用するなら様々なデザイナーの役割を理解しておかないとミスマッチが起きますよという記事を発見した時のツイートです。


この「リツイート」と「いいね」の多さはデザイナーの嘆きなんですかね。

ホームページやWEBサービスなどのスクリーンのデザインは、様々な制約やルールがあり、数値として効果が見えちゃう世界であり、それ故に考えるべきことが多く、工数も多いのです。紙のデザインとは明らかに違う世界なのにクライアントが紙と一緒の感覚でいると途端に話が噛み合わなくなっていくんですよね。

簡単で効果的なFacebookページ運用ノウハウ3つ

Facebookページでいいね数やリーチ数を増やす方法をツイートしたのでまとめます。


最近、ネットメディアでは動画の広告効果が注目されています。Facebookでは動画を投稿するとユーザーの反応が4倍になるという事例があるので積極的に活用してみてはいかがでしょうか。ちなみにYoutubeの動画をシェアするよりも、Facebookに直接アップロードした方がリーチ数が増えるという仕組みもありますので試してみましょう。


投稿内容を軽い質問形式にするとコメント数が2倍以上になるという実験は以前から有名です。コメントしてもらってリーチ数を増やすのが定番のやり方です。


動画は効果が高いと言いましたが、クオリティを求めすぎなくても大丈夫なようです。Facebookアプリ内で簡単に作れるスライドショーを作成するだけでリーチ数アップ。

あと広告は王道ですね。コスパがいいです。

今後もお楽しみに

デザイナーとFacebookページ運用って面白いなぁってほんと思います。次回どこかでさらに深い内容でまとめてみたいです。Facebook投稿だと、どの言葉をどの位置に持ってくるか、どういった写真をどのようにトリミングして使うかとかが面白いノウハウだと思います。


古家 良和