思い出の三国ヶ丘駅

古家 友佳子

今日は用事があり、地元の大阪・堺へ帰ってきています。

思いのほか早く済んだので、学生時代の思い出をめぐるおさんぽを実行。片手間に写真も撮ったので、ちょっと残しておこうかと。

変わってゆく町、変わらない店

今となってはすっかりきれいに生まれ変わってしまいましたが、私が頻繁にこの駅を使っていた頃は、なんというか、良い意味で古くさく、懐かしい佇まいでした。学生だった当時の私には物足りなかったんですけどね。

昔の面影もすっかりなくなってしまいました。

最初の思い出は、高校1年生。新しい友達も出来始めた頃、お誘いがあって友達のバンドのライブを見に行ったんです。

その後何度かお世話になることになるライブハウス「FUZZ」

そこでたまたま居合わせたのが、今の世帯主・古家くん。出会いはここでした。

話しかけて初めて同じ高校やん!と判明。

ライブ後、同じ高校やん!の数人で食べに行ったのが、目の前にある餃子の王将。

懐かしくて思わず一人で入ってしまった。

変わっていく町と、変わらない店。安心感を覚えつつ思い出に浸りました。

悩みながら進んだ大学時代

大学4年間、個人経営のフレンチレストランでアルバイトをしていました。それもここ、三国ヶ丘。大学が終わってこの駅で降りて、家に帰るのにこの駅で乗って。

大学3年にもなると、授業が減ってアルバイトの時間まで余裕が出てきました。

そんなときによく足を運んでいたのが、「Mocha Art Cafe」

周りは就活まっしぐらの時期。当時自分の中でそれがずっと腑に落ちず、よくここでカフェオレを飲みながら本を読んだり外の景色を見ながら物思いに耽ったり。

その後留学の道を選び、学校の入学手続きをしたのもこのお店の窓際の席。よくわからないデンマーク語の入学フォームを、辞書片手に解読しながら書いたものです。

こんな思い出ひとつひとつが積み重なって、今の自分ができている。もっともっと自分らしい選択をして、自分らしく生きよう。それができる環境に今いる。

自分のルーツをたどる思い出町めぐり、たまには良いものです。

さてそれでは、大好きな三田へ帰る準備を。


古家 友佳子

記事を探すSearch

新着記事New

好き嫌い

2018年4月30日(月)

本当にきれいなもの

2018年3月6日(火)

雑誌でアイデンティティの話読んだらフルメタが五倍面白かった:01

2018年3月4日(日)

まねっこ

2018年1月28日(日)

めんどくさい

2018年1月28日(日)

水道がこおった

2018年1月24日(水)